陶光菴~信楽焼~

信楽は滋賀県の最南端に位置する焼き物の街です。

紫香楽は遠い昔の天平に、東大寺の大仏殿の瓦を造った歴史が残っています。

その後、水瓶や茶壷などの生活道具も造られました。

特に壷や茶碗は、利休などの茶人が陶工を指導し、
好みのうずくまるや旅まくらなどといった多くの名品を残しています。

庶民の生活用品としては火鉢・植木鉢を造り出し、
信楽焼きはその時代の流行・生活様式を取り入れて陶器造りを拡大していきました。

焼成方法は穴窯から登り窯へ、燃料は石炭・重油から電気・ガスへ。

成形方法も大きな変革を遂げ、画一大量生産を可能にしてきました。

信楽焼の特徴は、炎が織りなす淡いオレンジから赤っぽい茶の色彩と大量の焼き物の使用に耐え得る土、それに長い歴史を通して培われた数々の伝統技法・秘技にあります。